2018年11月30日金曜日

第42回交わり会
Christian meeting

今年も、11月23日(金)に、当教会において交わり会がもたれました!
今回の交わり会は、10教会から約100名の方々が参加してくださいました。
当教会も合わせると、なんと145名、、、
過去最大規模の交わり会となりました!感謝です!



7月に60周年の節目を迎えた今年は、講師として、当教会のご出身である神舘勝利先生をお招きしました。
神舘先生は、青年時代に農業の勉強をするために北海道から茨城の地へと渡り、救いに導かれました。
現在は、北海道の単立バプテスト北見聖書教会で牧会しておられます。
北見といえば、カーリングで有名になった場所ですね!



午前の集会の中では、「ゆるぎない神のみ言葉を基礎として生きる人生を与えられた喜びと確信」という題でメッセージを語ってくださいました。
クリスチャンになる前は、自分の中に基礎となるものがなく不安定な人生を歩んでいましたが、福音を聞き、教会に通ううちに、聖書を基礎として歩もうと決意し、救いに導かれたそうです!
メッセージの中で見せてくださった、変形してしまうほど読み込んだ聖書が印象的でした。
神様がクリスチャンに求めておられることは、実を結ぶために証しすることと、忠実であることだと教えてくださいました。

「死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。」
ヨハネの黙示録2章10節


昼食では、今年もごちそうがずらり、、
食事が一番の祝福だったという方もいらっしゃったほどです(笑)



昼食後は、子供、青年、壮年、婦人に分かれて分科会がもたれました。





部屋が一つしかもらえなくてキツキツだった子供と青年たちは、途中から外でエネルギーを爆発させてきました!(笑)


今回の交わり会では、午前と午後の集会の中で、川越新生バプテスト教会と、惠み聖書教会のジョン・ノックス先生、当教会の聖歌隊が特別賛美をしてくださいました。
本当に大きな励ましとなりました!




今年の交わり会も、多くの祝福のうちに終えることができました!
参加してくださったたくさんの兄弟姉妹、北海道からはるばるお越しくださった神舘先生、そして準備の段階から守り導いてくださった神様に感謝です!