2018年11月1日木曜日

青年交わり会
Youth meeting

10月28日(日)の午後に、京葉地区青年交わり会に当教会の青年たちが参加してきました!

今回の青年交わり会は、千葉県にある佐倉聖書バプテスト教会で行われました。
参加教会の中で一番遠い当教会からは、車で一時間半ほどです!

まずは、千葉聖書バプテスト教会の石川先生が、「光の子らしく歩む~祈りの力と導き~」という題でメッセージをしてくださいました。
クリスチャンが生かされている目的は、神様の栄光を表すためであり、どうすればそのような生き方ができるのかを教えてくださいました!

その後の交わりでは、久々に会う友人や初めての友人も含めて、楽しく交わることができました。
今回の交わり会には、当教会から2名の青年が初参加!
「イメージしてたのと違う」と言いつつも、何だかんだ楽しめたようです(笑)


毎回写真を撮り忘れてしまう交わり会ですが、今回は、交わってる風写真の撮影にギリギリ成功しました(笑)

クリスチャンの数が少ない日本では、同世代のクリスチャンとの交わりは本当に励ましとなります。
これからも、各教会の青年が主にあって歩んでいくことができますように。

「あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。」
エペソ5章8節


バプテスマ式
Baptism

10月28日(日)の礼拝後に、Iさんのバプテスマ式が行われました!

バプテスマとは、イエスキリストを信じて救われた人が、その証しとして、キリストに対する従順を表して受けるものです。
Iさん、お母様を通して教会に導かれ、福音を聞いて救われ、この度、バプテスマを受けることとなりました!

バプテスマを受ける前には、自分はどのようにして救われたのかをお話しする時間があります。



Iさんは、病気のために、身体を自由に動かすことができません。
しかし、もし病気が癒されないとしても、これからもずっとキリストに従っていきたい、という言葉にとても励ましを受けました。
また、「あなたはキリストを信じますか?」「キリストに従っていきますか?」という牧師の問いに、力強く、「はい!」と答えている姿が印象的でした!


バプテスマでは、キリストが一度死なれたことを表すために水に全身を浸し、水から上げられることで、復活を表します。
水から上げられた後の笑顔は本当に素敵ですね!


礼拝後の昼食では、Iさんのバプテスマをみんなでお祝いしました!
(これがほんとの愛餐(あいさん)会、、?)

Iさんのここまでの歩み、そしてバプテスマの学びを守ってくださった神様に感謝です!