2018年4月7日土曜日

復活祭礼拝
Easter

4月1日(日)に復活祭礼拝が行われました。
最近はちまたでも知られるようになったイースターは,キリストの復活をお祝いするときです。
キリストの復活がなかったら,クリスチャンの信仰はむなしいものになってしまいます。
イエス・キリストの十字架の死と復活はそれほど大きな意味のあるものでした。

礼拝の中では,十字架の死から復活,召天までの情景が思い浮かぶ賛美が歌われました。


メッセージでは「復活の信仰」というタイトルで,Ⅰコリント15章から,復活が私たちにとってどれほど重要なのかが語られました。


礼拝後の愛餐会ではイベント恒例のご馳走!
イースターエッグにちなんで卵料理が多めでしょうか?
春を感じるお料理も♪



食事後,まずは「誰が食べたの?ゲーム」
5つのサンドイッチのうち2つにわさびが入っており,食べたときのリアクションから誰が食べたか当てます。
青年男子5人が体を張ってくれました。
わさび入りを食べたわけじゃないのに,水をしきりに飲んだり,顔をしかめたり。
逆にわさび入りだったのにすました顔を見せる強者も。
名演技に惑わされてしまいました。




次は,「聖書○×ゲーム」
表示される単語が聖書に出てくるのかを〇×で答えました。
卵のしろみ,あくび,金の板,銀の板,銅の板,まゆ毛,チーズ,四角形,五角形…
聖書に出てくるか,ぜひ調べてみてください♪


最後は「記憶ゲーム」
チームの代表が,いろいろな図形の書かれた紙を見て記憶し,チームメイトのところに帰って伝え,見た紙を再現します。
図形の位置が違ったり,向きが逆だったり,個数が多かったり…
同じものを見て書いたはずなのに,あふれるオリジナリティー☆



多くの再来者も与えられ,祝福されたひとときでした。

イースターは1年に1回。
でも,イエス・キリストが私たちの罪のために死なれて復活されたことは毎日思い出して感謝したいですね!