2019年1月23日水曜日

お餅つき
Rice Cake

1月22日(日)に毎年恒例のお餅つきをしました!



小さい杵で子どもたちもペッタンペッタン♪
かわいいですね♡





毎年、お餅つきで張り切りすぎた壮年の体調不良が報告されているので、今年は青年に受け継ぐことになっていました。でも…
「青年より非力な壮年がメチャメチャうまいじゃないか!おかしいだろ」
「この世代からは、機械でやるしかない…」
などなど、散々な言われよう。
熟練の技を身に付けるにはもう少し時間がかかるかもしれません。




昨年から集うフィリピン人家族もお餅つきに参加!
日本文化を体験できました。




つきたてのお餅は、お雑煮、きな粉、からみ、あんこ、ずんだ、磯部にアレンジしていただきました。
あんこが大好きな当教会牧師の前には…やっぱりあんこ餅のお皿が!
子どもたちには、きな粉もちが人気かな♪




2019年1月6日日曜日

スノーキャンプ
Snow Camp

今年もスノーキャンプに行ってきました!
今年は32名の大人数になりました。

1日目と2日目は朝から夕方までスキー・スノーボード・そり!
両日とも雪が降って寒く、頂上付近ではふぶいて下のほうから雪が降ってきました。
「1日目は慣れるのにせいいっぱいだったけど、2日目はうまく滑れた!」
「健康保険が切れているのにそり滑りをしたけど守られた!」(いやホントに怪我無くてよかった^^;)
という参加者の声がありました。



3日目には雪合戦☆
チーム戦でしたが、本性が垣間見えておもしろかったです。



宿泊はバイブルホームにお世話になりました!
雪にまみれて冷えてる私たちをいつも温かく迎えてくださいます♪
温泉も最高!



スノースポーツは体力を使うので集会の時間には疲れも眠気もMAXでした
今回のテーマは「主に喜ばれる歩み」
スティーブ・カーター師、デビッド・カーター師が聖書の様々な箇所から語ってくださいました!
教えられたのは、
「みことばを根拠に一歩一歩進んでいくこと」
「祈ること」
「永遠を考えて、今年1年の行動を決めること」

スノーキャンプ恒例の暗誦聖句も盛り上がりました!
覚えたら誰かに聞いてもらいサインとその人の新年の抱負を書いてもらいます。
小学2年生の子は知らない単語ばかりで苦戦し、70代の方々は暗記力で苦戦。
でも誰もあきらめません!
ゲレンデのリフト上や休憩中にもみことばを言い合っている姿は、神さまに喜ばれたでしょう☆


スノーキャンプは今回で7回目を迎えました。
初参加のメンバーが与えられたり、
10月に救われた生まれたてのクリスチャンが参加したり、
以前青年として参加した人が結婚し夫婦で参加したり、
昨年のスノーキャンプで決心し転職した方が、新しい職場の祝福を報告してくださったり…

遊び8割かに思えるキャンプですが、神さまの導きと霊的な祝福を確かに感じることができました♪




子どもクリスマス会
Christmas Party for Kids

12月26日(水)に子どもクリスマス会がありました!
これがクリスマス最後のイベント!
スタッフが今年最後の力をふりしぼりました笑
普段から教会に来ている子どもたちが、学校のお友だちをたくさん誘ってきてくれました。
にじいろクラブクリスマスコンサートからのリピーターも!
モグモグタイムをはさみながら、楽しいゲームをしました☆

いちばん初めは、爆弾ゲーム♪
爆弾はピアノの音楽が止まったところで爆発します!
持っていた子にはみんなからの質問に答えてもらいました。
「何小学校?」「好きな色は?」などなど。
平和ですね☆




クリスマスということばは「クリス」+「マス」という二つの単語からできていて、「キリストが送られた」という意味だとご存知でしたか?
そんな話から、イエス様がこの世界に送られ、私たちの罪のために十字架にかかって死によみがえられた話を聞きました。
小さいお友だちも多かったけど、最後まで真剣に聞いていました。




こ、これは大量に打ち上がったマグロ!?
ではなく、人文字ゲームです。チームごとにお題のひらがなを作っています。




ん!?、鼻をつまんでいる子が!どうしたのでしょう…
作っている文字は「の」と「ひ」ですね!




最後のゲームは「歌で1分間」♪
左のチームは音程がすばらしく、もはや歌と思えないくらいでした。でも、総合得点はこのチームが1位!
右のチームはなんと指揮者を立てて歌いました。1分にはほど遠かったですが、アイディアがすごい☆
1分05秒、1分01秒のチームもあり大接戦でした!





一番最後にはキャンドルサービス。
みかんに差したろうそくに火をともして「きよしこの夜」を歌いました♪
楽しいだけじゃなくて厳かな雰囲気も味わってもらえたかな♡
イエス様は暗闇のこの世界に光として生まれてくださいました。






2018年12月31日月曜日

クリスマス礼拝
Christmas worship

12月23日に、クリスマス礼拝がもたれました!
クリスマスは、今から約2000年前にイエス様がお生まれになったことを記念するものです。
当教会のクリスマス礼拝でも、様々な形でクリスマスをお祝いしました!


まずは、毎年恒例となっている、子供たちによるオペレッタ!






はるばる遠くからイエス様を拝むために旅をしてきた博士や羊飼いと動物たち、イエス様のご降誕をお祝いする天使たち、マリヤ、そしてナレーターと、それぞれの役割をかわいく、立派に演じてくれました。
ソロパートを歌いあげてくれたマリヤ役の女の子は、なんとまだ小学生!
みんな緊張しているようでしたが、本番は大成功でした!
オペレッタを通して、クリスマスの本当の意味がわかった子供たちが、これからもイエス様につながり続けることができますように。


メッセージは、「神からの最高の贈り物」という題で語られました。
神様が、そのひとり子であるイエス様を地上に贈ってくださらなければ、私たちは、罪をゆるされることも、天国への希望を持つこともありませんでした。
そのことをいつも忘れずにいたいですね!




礼拝の後は、こちらも毎年恒例、祝会&ビンゴ大会です。
今年も豪華な食事と景品がずらり!
目玉景品の、某テーマパークや動物園のチケットは、全部子供たちがゲット!
神様から、オペレッタを頑張ったご褒美かな?おめでとう!

今年のクリスマス礼拝には、初めて教会に来てくださった方や、久しぶりの方がたくさん与えられ、一緒に素晴らしい時間を過ごすことができました。
神様からの恵みに感謝です!
そして、クリスマスの主役であるイエス様、この世に生まれてきてくださり、ありがとうございます!!

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠にいのちを持つためである。」
ヨハネ3章16節

イブ礼拝
Christmas Eve worship

12月24日の夜に、イブ礼拝がもたれました!


イブ礼拝は、イエス様のご降誕を賛美でお祝いし、聖書からのメッセージを聴く時間となりました。




青年会、子供、クリスマスのために結成された特別聖歌隊、ピアノとマリンバによる賛美など、様々な賛美がささげられました!
キャンドルサービスでは、ロウソクの明かりだけが光る中、聖歌隊が「さやかに星は煌めき」を賛美してくださいました。
とても幻想的ですね





集会後には、初めて教会に来てくださった方たちとお菓子を囲んで、とても恵まれた時間を過ごすことができました!
イエス様のお生まれを、たくさんの方とお祝いすることができて感謝でした!


2018年12月28日金曜日

にじいろクラブクリスマスコンサート
Christmas Concert for Kids

12月20日(木)ににじいろクラブのクリスマスコンサートがありました!
にじいろクラブでは、0~6歳頃までの子どもたちとそのママたちに、リズムあそびなどの時間を提供しています♪

この日は、近所の保育所の子どもたちもテクテク歩いて来て、全部で120人が集まりました。

コンサートの目玉はマリンバ演奏♪
音大でマリンバを専攻されていた方が、マイマリンバを持参して演奏してくださいました。
マリンバは、ピアノに負けないくらい大きな音が出ます!
マレット(たたく棒)を片手に2本ずつ持ってクリスマスの曲を奏でてくださいました。
「弾いてみたい!」と思ったお友だちもいたみたいです。



チェロも合流して「森の音楽家」を演奏♪
どんな動物さんが出てきたかな?
みんなノリノリだったね!


保育所に帰ってからの子どもの一言が…
「クリスマスコンサート、ほんっとうに楽しかったぁ~♪」


コンサートの中ではもちろんほんとうのクリスマスのお話もされました!
子どもたちの心にクリスマスにイエスさまがこの世界に送られた喜びがずっと残りますように。



2018年12月11日火曜日

クリスマスコンサート
Christmas Concert

12月8日(土)にクリスマスコンサートが行われました!

アンバサダーパプテストカレッジの校長をされているアルトン・ビール師と、関西単立バプテスト神学校の名誉校長であるロン・ホワイト師がアメリカからはるばるきてくださいました。
ビール師は歌声を、ホワイト師はピアノの音色を響かせてくださいました♪


アルトン師は、アメリカでと共に賛美を学ばれた習志野バプテスト教会の松山牧師夫人をコンサート開始前に発見!
急きょ、一緒に賛美をしてくださることになりました。
初めて合わせる歌なのに、息ぴったりでした。


聖書からのメッセージもしてくださいました。
東の博士は英語で「Wise men(賢い男たち)」と言われますが、なぜ彼らが賢いと言われたのか?
それは、イエス・キリストが救い主として生まれるというみことばを信じて最高の贈り物を持って礼拝しに来たからです!
私たちも見習いたいですね。



後半は当教会の聖歌隊によるヘンデルのメサイヤ♪
主婦や会社員で構成されていて、この日のために一生懸命練習してきました。
神さまのすばらしさが表されたと思います!



最終曲のハレルヤコーラスは、お集まりいただいた方々も一緒に全員で賛美しました!
礼拝堂いっぱいに賛美の歌声が広がりました。
「全能の主、治めたまわん」という歌詞のとおりイエス・キリストが世界を治める日が早く来ますように!



コンサート後にはティータイム☆
教会メンバーの手作りケーキが並びました!


チラシを見た地域の方々、以前公園伝道に来ていたOGも来てくださり、団らんすることができました。