2018年10月16日火曜日

10月のお楽しみサンデー
Sanday School for Kids

10月14日(日)はお楽しみサンデーでした!

今回は「フィールドで遊ぼう!」という予定でしたが、雨が降ってしまったので屋内ゲームへ変更。

1つ目のゲームは裏返しリレー!
途中に置いてある4枚のカードを裏返しながら進み、コーンのあるところでターンし、帰りも同じようにカードを裏返してチームメンバーに交代します。
小さい子から大きい子まで白熱したゲームでした!
少し大きいお友達は両手を使って2枚を1度にひっくり返せて有利でしたね♪
このゲームはビブスなしチームの勝ち!



続いて大繩跳び!でも天井ぎりぎりなので回さず、大波小波を跳びました。
こちらは、チームメンバーが順番に跳んでいき、制限時間内に跳べた回数を競います。
回さないから小さい子も跳べていました♪
写真の中で跳んでいるのは10月からIBACSスタッフとしてデビューしたK兄。
この勝負は緑ビブスチームの勝ち!


最後は白線の左右にわかれて、ひたすら玉を相手陣地に送り込むゲーム。
1回目は投げられたボールにあたって泣いてしまったお友達がいました。
なので2回目以降は玉を床から浮かせないというルールに変更。
そうしたら白線ギリギリに寝転ぶ作戦も見られました☆
カウントダウンが始まるとより激しく玉を送り込んで大盛り上がりでした。
このゲームは引き分け!



というわけで、両チーム仲良くもぐもぐタイム♪
少し肌寒いのに一番人気はやっぱりアイスでした☆
子どもたちは寒さに関係なく元気ですね。



聖書からのお話は、神様が世界を造ってくださり、人間を特別な存在として造ってくださったことについてでした。
教会に来るのがまだ2回目のお友達もいました。
自分が創造主にとって本当に価値のある大切な存在だということが心に残りますように。

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。イザヤ43章4節

2018年10月12日金曜日

フットサル交流会
Futsal Fellowship

9月に引き続いてまたまたフットサル交流会が行われました!
今回の参加教会は川越新生バプテスト教会とシティバプテスト教会。

第1部は各教会のメンバーごちゃまぜのミックス戦。
4チームにわかれました!
試合前には円陣を組んで士気を高めます!
右の写真は小学生3人でりっぱな円陣を組んでいるところです笑




試合中は激しい攻防が繰り広げられました!




ミックス戦終了後にはバイブルタイム。
今年はシティバプテスト教会の4人の神学生による紙芝居&スキットと、木下師のお話でした。
ユーモアにあふれた紙芝居&スキットのおかげでガリラヤ湖の漁師たちの様子がリアルに伝わってきました。
実を結ぶ人生のためには、イエス様を信じてそのおことばの通りにしていくことが大切ですね!




続いて女子&子どもの試合☆
もはや誰が同じチームでどっちに攻めているのかわからない!?という感じでした笑
でも将来のなでしこが、ここから誕生するかもしれません!?




最後の試合は教会対抗戦!
この日のために練習してきた現役サッカー少年、イメージトレーニングを積んできた昔のサッカー少年が本気でぶつかり合いました。





今年で創立10周年を迎えたシティバプテスト教会の結束力はすばらしかったです!
ポンポンや応援歌も準備されていて、雰囲気が盛り上がりました。





そして表彰式!
今年のミックス戦の優勝チームは青チーム!
「なんでこのチームで勝てたのかわかりません」とのコメントでした(^^)





得点王はハットトリックを決めたSくん!
なんと賞金100万円!?




教会対抗戦で優勝したのは当教会でした!
最後のほうは元サッカー部の目が本気になり、おとなげないプレーが繰り広げられていましたがとても見応えのある試合に☆




神さまから与えられた体を思いっきり動かした一日でした♪
試合の合間にクリスチャンの仲間とお話できたのも感謝☆



2018年9月28日金曜日

青年合宿
Youth Camp

9月23~24日に手賀の丘少年の家で行われた青年合宿に行ってきました!
日曜日の午後にのんびり教会を出発!
K兄が教会車の運転デビュー☆

今回のテーマは「教会の私、世の自分」でした。
思い当たる節がある人も多いのでは?

講師は港北ニュータウン聖書バプテスト教会の鹿毛愛喜師!

教会にいるときだけ神様に仕えて学校や職場では人に仕えるのではなく、すべてのことを神様のためにやっていくことを熱く語ってくださいました。

参加した青年の一人は、「塩は混ざらないと腐敗を防ぐことはできない。光は闇の中に入っていかないと闇を照らせない。でもこの世と調子を合わせてはいけない。」というのが印象に残ったと言っていました。
クリスチャンとして社会の中で生きていこうとするとき、誰もが通る葛藤ですね。


青年合宿ではレクの時間もたっぷり!
下の写真はジェスチャーゲーム。
ペンギン歩きをするT兄の姿は、なかなか見られない貴重な画(^^)



チーム戦で、対抗心むき出しでした。
特にDチームとFチームの押しが強かった!
すしネタに煮干しがあると主張したり…(←認められました笑)



でも審判は公平でした。
優勝したのはわりと物静かだったBチーム!
お寿司屋さんでアルバイトをしている当教会のM兄はすしネタを列挙するゲームでかなり貢献した模様。



前回の青年交わり会では写真を撮ってくるのを忘れて怒られましたが、今回は何とか2日目に思い出し、「大変だ!」と言ってバシバシ撮り始めました。

そして、憧れの人とのツーショットや、ヒーローのビデオメッセージもちゃっかり撮ってきました。

同い年の人、ちょっと年上の先輩、自分と同じ進路を目指す後輩。
青年同士の交わりの機会に感謝しつつ!





2018年9月23日日曜日

フットサル交流会
Futsal fellowship

9月17日(月)に、船橋聖書バプテスト教会、習志野バプテスト教会を招いて、フットサル交流会がもたれました。
8月のSSキャンプで仲良くなった仲間たちと、感動の再開です!笑

最初に行われたフットサル教室では、AC.FIOSのT選手が、スパイダーマンと一緒に登場!
華麗なオーバーヘッドを披露してくれました!
さすがのスパイダーマンにも止められず、、、


T選手とスパイダーマンに教えてもらえるという贅沢な展開に、子供たちも大喜びです笑


フットサル教室の後は、試合が行われました!
子供たち以上にこの日を待ちわびていた青年たちの試合は、激しい試合展開です。
元サッカー部も多く、レベルの高い試合を見せてくれました!




男の子たちの試合も、パワー全開の試合となりました!
将来が楽しみですね!





なでしこの試合は、ゆっくりと時間が流れる平和な試合となりました笑



試合が終わった後は、当教会の会堂にて交わりがもたれました。
初めての方たちは入り組んだ細道に苦戦しつつも、無事に到着!笑
T選手のサイン会や、船橋教会の安藤牧師夫人の誕生日祝いももたれ、とても祝福された交わりとなりました!!



約1年前の合同青年会で初めて出会った青年たちから出た「今度サッカーやろう!」という言葉が、こうして実現したことに感謝です!
約70名の参加者が与えられ、天気も守られ、本当に祝福されたフットサル交流会となりました。
子供たちも、キャンプで仲良くなった友達とまた遊ぶことができ、楽しい時間となったと思います!
これからも、主にある豊かな交わりをもち続けることができますように。








2018年8月30日木曜日

たこ焼き!
Takoyaki

8月26日(日)のいつYOUではたこ焼きをしました!


この暑い時期になぜ?と思うかもしれませんが、大事な中高生のリクエストとなれば暑さもなんのその♪

具はタコともちチーズ、ウインナー!



とってもおいしいたこ焼きができあがりました!


中高生は、友だちが親よりも教会の人よりも大きな存在になる年頃。
たこ焼きを食べながら「友だち」についておしゃべりしました。

今回の参加者は1人でさびしかったですが、その1人がとても楽しそうに笑っていて、「俺、中学生になっても教会行くから!」と言ってくれたのが感謝でした。


「人がそののためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」ヨハネ15章13節






2018年8月26日日曜日

サマーキャンプ

8月14~16日は群馬県水上町にある日本バイブルホームで行われたサマーキャンプに参加しました!
そうです!毎回ご飯がおいしいと書いている所です。



おいしい食事だけでなく、心の食物になるみことばもいただきました!
今回のテーマは「苦しみが幸せになる!?」
そんなの信じられませんよね。

でも、敦賀バプテスト教会の釜井師が、苦しみによって「祈り」「成長」「慰め」「報い」がもたらされることを、お話してくださいました。
苦しみの中でこれを思い出せば、前向きに進んでいくことができます!


また、20代の3人の青年が自分のクリスチャン生活の話をしてくださいました。
それぞれに苦しかった時があり、その中で祈り、成長し、神さまからの慰めを受けてきたことが伝わってきました。


そんなキャンプの恵みをシェアするキャンプファイアの時間!
写真のまんなかに燃え上がる火が見えませんか?
蚊に邪魔されることもなく、大盛り上がりでした♪
(雨天でした)



2日目の自由時間にはカヌーに行く参加者も!
手前で人が落ちているように見えるのはまちがいではありません。
自分から飛び込んで泳いでいます。



レクリエーションや食事、メッセージ後の分かち合いで打ち解けあったキャンプ参加者による賛美!
写真は、かわいい子どもたちの賛美と、キャンプに来て初めて合わせた楽器奏者の賛美♪

 他にも、釜井師ご夫妻、お子さんたち、各教会、青年の心からの賛美がありました!

クリスチャン同士で集まれたこと、
みことばから教えられたこと、
互いの苦しみを分かち合えたこと、
楽しい時間を過ごせたこと…
すべて神様に感謝です!



「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。
」詩篇119篇71節