2018年12月11日火曜日

クリスマスコンサート
Christmas Concert

12月8日(土)にクリスマスコンサートが行われました!

アンバサダーパプテストカレッジの校長をされているアルトン・ビール師と、関西単立バプテスト神学校の名誉校長であるロン・ホワイト師がアメリカからはるばるきてくださいました。
ビール師は歌声を、ホワイト師はピアノの音色を響かせてくださいました♪


アルトン師は、アメリカでと共に賛美を学ばれた習志野バプテスト教会の松山牧師夫人をコンサート開始前に発見!
急きょ、一緒に賛美をしてくださることになりました。
初めて合わせる歌なのに、息ぴったりでした。


聖書からのメッセージもしてくださいました。
東の博士は英語で「Wise men(賢い男たち)」と言われますが、なぜ彼らが賢いと言われたのか?
それは、イエス・キリストが救い主として生まれるというみことばを信じて最高の贈り物を持って礼拝しに来たからです!
私たちも見習いたいですね。



後半は当教会の聖歌隊によるヘンデルのメサイヤ♪
主婦や会社員で構成されていて、この日のために一生懸命練習してきました。
神さまのすばらしさが表されたと思います!



最終曲のハレルヤコーラスは、お集まりいただいた方々も一緒に全員で賛美しました!
礼拝堂いっぱいに賛美の歌声が広がりました。
「全能の主、治めたまわん」という歌詞のとおりイエス・キリストが世界を治める日が早く来ますように!



コンサート後にはティータイム☆
教会メンバーの手作りケーキが並びました!


チラシを見た地域の方々、以前公園伝道に来ていたOGも来てくださり、団らんすることができました。


2018年12月2日日曜日

クリスマスイベントのご案内
Christmas Events

今年もクリスマスの季節がやってきました!
当教会ではイエス・キリストのお誕生をお祝いするイベントをご用意しております。

〇12月 8日(土) クリスマスコンサート
アルトン師の独唱とクリスマスメッセージ、ホワイト師のピアノ演奏、当教会聖歌隊によるヘンデルのメサイヤ等♪ コンサート後にはケーキとティータイムの時間もございます。

〇12月23日(日) クリスマス礼拝
毎年好評の子どもたちによるかわいいオペレッタ、ハンドベル演奏、クリスマスメッセージ、祝会(ランチ)

〇12月24日(月) イブ礼拝
聖書からのメッセージを聴き、キャンドルを灯しつつクリスマスソングを歌ってイブを過ごします。

〇12月26日(水) 子どもクリスマス会
世界で初めてのクリスマスのお話と楽しいゲームをご用意しております!


ぜひお出かけください!お待ちしております。









2018年11月30日金曜日

第42回交わり会
Christian meeting

今年も、11月23日(金)に、当教会において交わり会がもたれました!
今回の交わり会は、10教会から約100名の方々が参加してくださいました。
当教会も合わせると、なんと145名、、、
過去最大規模の交わり会となりました!感謝です!



7月に60周年の節目を迎えた今年は、講師として、当教会のご出身である神舘勝利先生をお招きしました。
神舘先生は、青年時代に農業の勉強をするために北海道から茨城の地へと渡り、救いに導かれました。
現在は、北海道の単立バプテスト北見聖書教会で牧会しておられます。
北見といえば、カーリングで有名になった場所ですね!



午前の集会の中では、「ゆるぎない神のみ言葉を基礎として生きる人生を与えられた喜びと確信」という題でメッセージを語ってくださいました。
クリスチャンになる前は、自分の中に基礎となるものがなく不安定な人生を歩んでいましたが、福音を聞き、教会に通ううちに、聖書を基礎として歩もうと決意し、救いに導かれたそうです!
メッセージの中で見せてくださった、変形してしまうほど読み込んだ聖書が印象的でした。
神様がクリスチャンに求めておられることは、実を結ぶために証しすることと、忠実であることだと教えてくださいました。

「死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。」
ヨハネの黙示録2章10節


昼食では、今年もごちそうがずらり、、
食事が一番の祝福だったという方もいらっしゃったほどです(笑)



昼食後は、子供、青年、壮年、婦人に分かれて分科会がもたれました。





部屋が一つしかもらえなくてキツキツだった子供と青年たちは、途中から外でエネルギーを爆発させてきました!(笑)


今回の交わり会では、午前と午後の集会の中で、川越新生バプテスト教会と、惠み聖書教会のジョン・ノックス先生、当教会の聖歌隊が特別賛美をしてくださいました。
本当に大きな励ましとなりました!




今年の交わり会も、多くの祝福のうちに終えることができました!
参加してくださったたくさんの兄弟姉妹、北海道からはるばるお越しくださった神舘先生、そして準備の段階から守り導いてくださった神様に感謝です!



2018年11月19日月曜日

H君の救い
Salvation through Jesus Christ

いつも当教会のブログを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます!

さて、最近の記事の中で、あまり見慣れない顔が写真に写り込んでいたことに、皆さんお気づきでしたでしょうか?
例えばこの写真、、


そしてこの写真、、


彼は、その名をH君といいます!
子どもの時から荒川沖教会に来ていたH君は、ここ最近、また教会に頻繁に遊びに来てくれるようになり、礼拝やフットサル交流会、他教会との青年交わり会にも参加してくれるようになっていました!

まだイエス様を信じていなかったH君のために、青年会はもちろん、教会全体で祈り続けてきました。
最初は、
「いやー、神様なんていらないな」
と言っていたH君ですが、礼拝でメッセージを聴き、他教会の青年クリスチャンとも交わる中で、
「やっぱ俺、神様に導かれてるわ」
「もう8割はクリスチャンなんだけどなー笑」
とだんだん変えられていき、、、
この度、11月13日に、イエス様を信じ、救われました!!
ハレルヤ!!

ハレルヤクラブのイバライド遠足にもスタッフとして参加してくれたH君は、遠足が終わった後に、鈴木牧師と牧師夫人と話しているなかで、イエス様を信じるとはどういうことなのかよく理解し、信じる決心をしたそうです!

水曜日の祈祷会後には、青年たちでH君のお祝いをしました!
SちゃんからもプレゼントをもらってデレデレのH君です(笑)


H君からひと言!
「皆さんのお祈りのおかげもあり、ついにクリスチャンになることができました。
本当に感謝します!
これから、聖書のことをもっと勉強して、立派なクリスチャンに成長していきたいです。
そして、素敵なクリスチャンの女性と結婚して、幸せな人生を送りたいです(笑)」

みんなの祈りに神様が答えてくださり、H君が神の家族に加えられたこと、本当に嬉しく思います!
これからのH君の信仰の成長のために、引き続きお祈りし、教会全体でサポートしていきます!



「ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。」
ルカの福音書15章7節


2018年11月18日日曜日

イバライド遠足
Picnic

11月13日といえば茨城県民の日です!
小学校が休みになるので、普段IBACS、にじいろクラブに来ている子どもたちを連れて、「こもれび森のイバライド」に行ってきました。

聖書のお話の時間☆
しっかり聞いていますね♪



遊ぶ時間は思いっきり遊びます。
男の子たちに大人気だったのは、ゴーカート!
あこがれの運転にはしゃぐあまり、コースアウトしてしまったというペアも…(^^;)





動物たちがいて、エサをやるとモグモグ食べてくれました!
ちょっと手が食べられそうになることも!?





これは何だかわかりますか?
水の上に浮いている大きな空気のわっかです。
この中にこどもたちが入って、わっかをくるくる動かしながら水の上を転がります。
ハムスターさながら☆



こちらも水の上を動くボートです♪
この子にとっては人生初のボート体験!(多分)



すこし肌寒くなってきていましたが、子どもたちは全く気にせずに楽しめたようです!!
また行きたいですね♪

2018年11月1日木曜日

青年交わり会
Youth meeting

10月28日(日)の午後に、京葉地区青年交わり会に当教会の青年たちが参加してきました!

今回の青年交わり会は、千葉県にある佐倉聖書バプテスト教会で行われました。
参加教会の中で一番遠い当教会からは、車で一時間半ほどです!

まずは、千葉聖書バプテスト教会の石川先生が、「光の子らしく歩む~祈りの力と導き~」という題でメッセージをしてくださいました。
クリスチャンが生かされている目的は、神様の栄光を表すためであり、どうすればそのような生き方ができるのかを教えてくださいました!

その後の交わりでは、久々に会う友人や初めての友人も含めて、楽しく交わることができました。
今回の交わり会には、当教会から2名の青年が初参加!
「イメージしてたのと違う」と言いつつも、何だかんだ楽しめたようです(笑)


毎回写真を撮り忘れてしまう交わり会ですが、今回は、交わってる風写真の撮影にギリギリ成功しました(笑)

クリスチャンの数が少ない日本では、同世代のクリスチャンとの交わりは本当に励ましとなります。
これからも、各教会の青年が主にあって歩んでいくことができますように。

「あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。」
エペソ5章8節


バプテスマ式
Baptism

10月28日(日)の礼拝後に、Iさんのバプテスマ式が行われました!

バプテスマとは、イエスキリストを信じて救われた人が、その証しとして、キリストに対する従順を表して受けるものです。
Iさん、お母様を通して教会に導かれ、福音を聞いて救われ、この度、バプテスマを受けることとなりました!

バプテスマを受ける前には、自分はどのようにして救われたのかをお話しする時間があります。



Iさんは、病気のために、身体を自由に動かすことができません。
しかし、もし病気が癒されないとしても、これからもずっとキリストに従っていきたい、という言葉にとても励ましを受けました。
また、「あなたはキリストを信じますか?」「キリストに従っていきますか?」という牧師の問いに、力強く、「はい!」と答えている姿が印象的でした!


バプテスマでは、キリストが一度死なれたことを表すために水に全身を浸し、水から上げられることで、復活を表します。
水から上げられた後の笑顔は本当に素敵ですね!


礼拝後の昼食では、Iさんのバプテスマをみんなでお祝いしました!
(これがほんとの愛餐(あいさん)会、、?)

Iさんのここまでの歩み、そしてバプテスマの学びを守ってくださった神様に感謝です!