2018年1月17日水曜日

IBACS参観
Parents' Day

IBACSとはIndependent Baptist Arakawaoki Church Schoolの略で,いわゆる日曜学校です。
いつもは子どもたちと大人は別々ですが,1月14日(日)を参観日にしてIBACSでの子どもたちの様子をお父さんお母さんに見ていただきました。

親に見られているから,いつもより張り切って歌う子,恥ずかしくて真顔になってしまう子などいて,見ているほうは面白かったです。
いつものありのままの姿を見せるのは難しいですよね
お父さんお母さんは一生懸命歌っている我が子の姿を見ながら幸せそうでした。



今月の聖句,ヨハネ3章16節を「子どもたち vs 親」で暗誦しました。
長い聖句ですが,子どもたちは大きな声でとてもはっきりと暗誦しました。日頃の成果です。
お父さんお母さんチームについては…ノーコメントにしておきます。


全体の賛美や献金の時間の後,年齢別のクラスへ♪
嬰児科,幼稚科,小学下級科,小学上級科,中高科があります。
お父さんお母さんもそれぞれ自分の子どもがいるクラスを見に行きます。
写真は嬰児科さんのクラス☆
今日はお母さんと一緒に工作できてうれしいかな?



最後に,お父さんお母さんを集めて,信仰継承のための勧めがなされました。
小さい頃は親に連れられるまま教会に行っていても,大きくなってから離れてしまう子もいます。
神さまとずっと一緒に歩む幸せを子どもたちに受け継ぐために必要なことを,熟練のIBACS教師が自身の経験を交えて話してくださいました。

子どもたちに信仰継承することができますように。




2018年1月16日火曜日

成人祝福式
Coming of Age Ceremony

1月14日(日)に成人祝福式が行われました。
今回,成人した2人はクリスチャンホームで生まれ,小さい頃から教会に行き,聖書の話を聞いてきました。
そんな2人にぴったりの曲「強くあれ雄々しくあれ」を青年が賛美しました。





成人となった2人は,親の信仰に守られながら,葛藤や試練を通して神さまと個人的な関係を築いたこと,これから神さまのために生きていく決意を話しました。





その後のみことばの勧めでは,いつになく真剣な面持ち。


読まれたみことばの一つ…
「年が若いからといって,だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって,ことばにも,態度にも,愛にも,信仰にも,純潔にも信者の模範になりなさい。Ⅰテモテ4章12節」
既に成人している私たちにも教えられるみことばでした。

教会からは,バイリンガル聖書,ディボーションノート,岸本師の書が入った額をプレゼントしました。

成人祝福式の後に青年と子どもたちで記念写真♪


真ん中の2人が持っているのは,「大丈夫」と書かれた岸本師の書です。
神さまに信頼していけば「大丈夫」なんだということを,後に続く子どもたちにもぜひ見せていってください。






2018年1月15日月曜日

新春スノーキャンプ
Snow Camp

1月2~4日に毎年恒例のスノーキャンプが群馬県水上にある日本バイブルホームで行われました。
今年はこれまでで一番雪の量が多く、スキー場で滑っているときも吹雪いていることが多かったですが、晴れ間にはすばらしい景色を見ることができました。



バイブルホームといえばボリューム満点のおいしい食事!
お正月ということでおせち料理やお雑煮も準備してくださいました。
もちろんアメリカンなステーキ、ハンバーグもとてもおいしかったです。
スノースポーツはエネルギーをたくさん消費しますが、十分に補給することができました。


そして大事なみことばを学ぶ時間。最初に暗誦聖句大会を行いました。
覚えるみことばはなんと16個!
今回のテーマ「主に導かれる将来」、「仕事、結婚、永遠」に関連するみことばです。


一つ覚えたら、参加メンバーの誰かのところに行ってチェックしてもらい、その人のサインと感謝していることを書いてもらいます。
みことばを心に蓄え、参加者同士の交流を深まりました!

その後はグループに分かれて仕事や結婚についてディスカッション!
暗誦聖句大会で心にみことばが蓄えられていたおかげで、活発に話すことができました。
ディスカッション後には各テーブルで話し合った内容を発表すると、テーマは少し違っても「神の国のために」というのがキーワードとして出てきました。


一人一人が神の国を第一として、将来祝福されますように!










2018年1月4日木曜日

元旦礼拝
New Year Service

あけましておめでとうございます!!
今年も,1月1日に元旦礼拝がもたれました。

鈴木牧師が,「信仰のチャレンジ」についてヨシュア記から語ってくださいました。



ヨシュアは,イスラエル人を率いてカナンの地へと向かう途中で,ヨルダン川を超える必要がありました。
神様の言葉を信じて川に足を踏み入れると,川の水は完全にせき止められ,民は乾いた地を渡ることができたと聖書に書かれています。

私たちにとってのヨルダン川とは,信仰の成長をはばむもののことです。
主のみことばに従い,助けていただいて,乗り越えていきたいですね!


礼拝後には,写真撮影が行われました。
今年も,神様に守られ,祝福された一年となりますように!
















2017年12月30日土曜日

子どもクリスマス会
Chrsitmas Party for Kids

12月25日(月)に子どもクリスマス会が行われました!
予想を上回るたくさんの子どもたちが来てくれてとっても楽しい時間でした。

最初に「三本の木」という絵本の読み聞かせをしました。
丘の上に生えていた三本の木はそれぞれ夢を持っていましたが,それは叶いませんでした。
でも,三本とも予想外の形でイエス様のために使われ,そのことを喜びました。
私たちもイエス様のためにできることをしていきたいですね。




お話の後は,楽しいゲームの時間♪

最初にやったのは,それぞれが数本のリボンを持ってスタートし,他のチームの人とじゃんけんをして勝ったら相手のリボンをもらえるというゲーム!
たくさんのリボンを持って帰ってくる子もいれば,すっからかんになってくる子も…
じゃんけんをしないで逃げ回っている子もいました。
大盛り上がりでした!


クリスマスについての○×クイズでは,意外にもクリスマスをイエス様の誕生日と思っている子がたくさんいることが判明しました。
クリスマスはイエス様のお誕生をお祝いする時ですね。


最後のゲームはお題のひらがなから始まることばを紙にひたすら書いていくものでした!
お題は荒川沖教会の「あ」
チームごとに額を寄せ合って一生懸命考えている様子☆



制限時間が終了して単語の数を数えているところ☆
どのチームが一番多かったかみんな注目しています。



ゲームの後には,みんなが大好きなホットドッグ!
大勢で食べるともっとおいしくて,たくさんおかわりしていました。
このあとに出たアイスクリームも濃厚でとてもおいしかったです。
みんながゲームをしている間に,教会メンバーが裏方で準備してくださいました。


今回,初めて教会に来たお友だちもいました。
クリスマスがイエス様のお誕生をお祝いするときなんだということが心に残ってくれたら嬉しいです!



2017年12月26日火曜日

クリスマス礼拝
Christmas Service

12月24日に,教会にてクリスマス礼拝がもたれました。
クリスマスは,イエス様のお生まれをお祝いするときです。
礼拝の中でも,様々な形でお祝いしました!

まずは,子供たちによるオペレッタです!
マリヤや天使,博士,羊飼いなどそれぞれの役になりきって,イエス様の誕生のお話を,劇で発表してくれました。
練習は10月から毎週行ってきました。衣装も手作りのものです!



可愛さ満点ですね!!


また,青年会と聖歌隊による特別賛美もありました。
こちらも,クリスマスをお祝いする素晴らしいものでした!


メッセージは,「まことの光であるイエス・キリスト」という題で語られました。
イエス様は,すべての人を照らす光として,今から約2000年前に,この世に生まれてくださいました。
イエス様を心に迎え入れるとき,私たちの人生を照らし,日々の歩みを導き,そして天国へと導く光となってくださいます。

この光は,永遠に失われることのない,本当の光です。
私たちクリスチャンは,どんな状況にあっても,この光を頼りとして,喜びに満たされて歩むことができます!


「イエスはまた彼らに語って言われた。『わたしは,世の光です。わたしに従う者は,決してやみの中を歩むことがなく,いのちの光を持つのです。』」   
ヨハネ8:12

礼拝後は,イベント恒例の,教会の皆さんによる持ち寄りのごちそうです!
どの料理もクオリティーが高く,初めて教会に来られた方たちも驚いていました。



また,食後にはビンゴ大会も行われました。
ディズニーリゾートのチケットをはじめとした豪華景品が並び,大盛り上がりでした!

今年のクリスマス礼拝には,85名の方が参加してくださいました。感謝です!
一人でも多くの方と,また共に礼拝することができますように。





2017年12月23日土曜日

にじいろクラブクリスマスコンサート
Christmas Concert for babies

12月14日(木)ににじいろクラブのクリスマスコンサートが開かれました。

普段にじいろクラブに集ってくれているお友だちに加えて、新しいママとベビーちゃんたち、それから地元の保育所のお友だちもお散歩を兼ねて、教会まで来て、コンサートに参加してくれました。

参加者は、総勢132名‼︎みんなびっくり。
神様に感謝しました。



マリンバ、ピアノ、チェロ…のとっても素敵な音色に手を叩いたり、一緒に歌ったり♩
クリスマスの本当の意味もお伝えすることができ、とても素敵なコンサートでした。



集ってくださったお一人お一人が救い主イエス様を自分の心にお迎えすることができますように…。