2017年7月1日土曜日

ブラジルから
Guests from Brazil


今、荒川沖教会にはブラジルからお客様が来ています。
それは、今から約50年ほど前にこの教会から送り出されて、ブラジルへイエス・キリストを伝えに行った久保弘師の息子さんご家族です。
こちらはその当時の写真です。


ご両親はすでに天に召されており、息子さんは久保弘師から引き継いだスザノ教会の牧師として働かれています。
礼拝では、ご自身が牧師になるまでのいきさつを話してくださいました。
子どもの頃、牧師として働いていたお父様も教師として働いていたお母様も苦労されているのを見て、自分は絶対に牧師と教師にはなりたくないと思っていたそうです。
でも、神さまの導きにより、現在はアメリカ人学校で地理学と聖書を教え、教会を牧会しています。
そして、あんなになりたくなかった職業なのに、喜びにあふれて働いているそうです。
神さまはとても不思議なことをなさる方だと言われていました。




午後は、ブラジル宣教報告会として、ブラジルの教会の様子を話してくださいました。


教会初期の写真では日系人が多かったですが、最近の写真を見るとブラジル人も多く集うようになった様子がわかりました。


 ご両親から話を聞いていたこの教会のメンバーや、会ったことがなくても祈り合っていた人たちと会い、感激していました。


トルティーヤパーティー
Tortilla Party

6月18日にいつYOUが行われました。
今回はトルティーヤパーティーでした☆

荒川沖教会では南米のグアテマラ出身の方がいて、その方の作るトルティーヤはとても本格的です。
でも今回は、青年メンバーだけで作ったのでトルティーヤは冷凍で売っているものを使いました。
中身は青年会のメンバーで切ったり焼いたりして準備しました。
トルティーヤにはさむ牛肉はシェフがおいしく、香ばしく焼きました。



高校生の男の子たちはこのお肉ばかり食べていました。



毎回恒例の卓球♪
楽しそうにやっているお兄ちゃんたちを見て、自分もやりたくなった小さいお友だちも☆
やさしいお兄ちゃんたちに遊んでもらってご機嫌でした。


聖書からのお話では、Kさんがクリスチャンになる前と後の話をしました。
クリスチャンになる前は「オタク」だったそうで、漫画やアニメなどにはまっており、その登場人物にちなんだレストランを経営することを夢見ていたそうです。
でも、クリスチャンになってからは今まで好きだったものがそれほど大切でなくなり、持っていた漫画本も全部売ってしまったそうです。
世界を造り、私たち人間も造られた創造主に愛されていることを知ると、価値観が大きく変わることが伝わってきました。



2017年6月21日水曜日

クレープパーティー
Crepe Party

6月17日(土)に子どもたちのためのプログラム「ハレルヤクラブ」が行われました。
今回は12時頃からクレープパーティー♪のはずだったのですが,なんと,サッカーをしたくてたまらない男の子たちが朝10時に教会にやってきました。
青空の下,地域の方からお借りしているハレルヤフィールドで思いっきりサッカーを楽しみました。




女の子たちは,時間通りに来てひたすらクレープを焼いてくれました。
今回はお昼時ということもあり,果物やクリーム以外にサラダ,ソーセージなどもクレープの具として用意しました。



サッカーから帰ってきた男の子たちは,お腹もぺこぺこ。
クリームをどっさりトッピングしていました。


女の子たちはクレープを焼くほうが楽しいと言って,みんなが食べ始めても焼き続けていました。
小さい子たちは口を大きくあけてパクリ。
とってもかわいく食べていました。

おなか一杯になったところで,沖縄から帰省されていたK姉が話してくださいました。
沖縄の名産品クイズでは,さとうきびや紫芋などが登場しました。
沖縄の方言を例に出して,神様に信頼してゆだねることが大切だと教えてくださいました.


お話のあと,男の子たちはそそくさとまたサッカーをしに行きました。

思い思いの楽しみ方をすることができた一日でした!

2017年6月20日火曜日

創造か?偶然か?
Welcome Church Day

6月10、11日にウェルカムチャーチデーが行われました。
今回は、「創造か?偶然か?」というテーマで、4回の集会にわたって宇佐神実師が語ってくださいました。

1回目の集会では「地層と化石は語るノアの洪水」について、科学的な観点から詳しく説明
してくださいました。


地層は長い年月をかけてできたと小学校で教えられてきましたが、最近、ある教科書では「地層の形成には必ずしも長い時間が必要ではない」と書かれていることをご存知ですか。
1980年にアメリカ合衆国のセントヘレンズ山が噴火し,40メートルもの地層やクレーターのような地形がたった数年で形成したことからも,壮大な地形が意外に短期間で造られるとわかります.
現在の地球の地層を調べると,聖書に書かれているノアの洪水という世界規模の洪水があったこととつじつまが合うのです.

2回目の集会は子供向けに「恐竜の謎」についてわかりやすく教えてくださいました.
恐竜大好きな子どもたちは,大人よりもたくさん恐竜の名前を知っていて,宇佐神師もびっくりされていました.


進化論では,恐竜が6500万年前に絶滅したとされていましたが,血液や柔らかい組織を内部に含んだ恐竜の化石が1994年に見つかりました.
このことは,数千年~数百年前までは恐竜が地球に暮らしていたことを示しています.
世界各地で,恐竜が人間とともに暮らしていたと思われる伝承や史跡が見つかっており,恐竜と人間が同時期に創造されたとする聖書の記述と一致しています.

3回目の集会では「人を生かす世界観」というテーマでヒューマニズムと聖書的価値観について教えてくださいました.


日本では進化論が事実として当たり前のように教えられていますが,進化論はヒューマニズムに基づいているということはあまり知られていません.
進化論で言われているように偶然で人間ができたとするなら,一人一人の生きる目的や意味はありません.
でも,聖書は神がすべてのものをご自分の目的のために造られたと書いてあります.


4回目の集会では,「バラミン―聖書が教える動植物の種類」について説明してくださいました.



創世記には神が「種類にしたがって」動植物を創造されたと書かれています.
一方,現在の分類学では生物を「界,門,綱,目,科,属,種」に分けています.
創造のときの「種類」はこの中の「科」に相当すると考えられています.
現在でも同じ科の動物であれば子が生まれることがわかっています.

事前に募集した質問にも一つ一つ丁寧に答えてくださいました.
教会に来るようになって長い方にとっても,始めて来た方にとっても,興味深いお話を聞くことができました.
それぞれの集会について,今後詳しくご紹介できたらと思っています.



2017年6月3日土曜日

ジューンベリー
Juneberry

今年も教会のお庭に生えているジューンベリーの実がなりました!
ジューンベリーはバラ科で、アメリカが原産地ですが日本でも育てやすく多くの実をつけます。
写真に写っている実は、まだ明るい赤色ですが、黒っぽくなると食べごろです。



子どもたちが台に乗ってたくさん収穫しました。
まだあおい実もあるので、ジューンベリーの収穫をしばらく楽しめそうです。



この日は日差しが強く 真夏のようでした。
暑くなるとアイスが大人気です。


2017年5月20日土曜日

Welcome Church Day

6月10日(土)、11日(日)にウェルカムチャーチデーが行われます!
教会は行ったことない…という方もお気軽に参加できます。

今回のテーマは「創造か?偶然か?」です。
日本にいると創造について詳しく学ぶ機会があまりありません。
貴重な機会ですのでぜひお越しください。

案内に掲載されている講師からのメッセージです。
「大自然や宇宙は偶然に進化したのか、創造されたのかと問われれば、ほとんどの日本人は、進化したと答えるでしょう。しかし米国では、過半数の人が創造されたと答えます。講師は、米国で科学と聖書を学び、世界が創造されたのか、偶然に出来上がったのかを比較しながら、また、さまざまな科学的証拠も交えながらこの問題を話します。地質学・古生物学・世界観・生物学など幅広い視点から一緒に考えませんか。私たち一人ひとりの価値や存在意義を知る興味深いひと時となることでしょう。」



クッキー作り

5月14日(日)の母の日感謝デーのために、子どもたちが朝からクッキーを作ってくれました。
前日にスタッフがこねておいた生地を思い思いの形に型抜きしました。
文字スタンプ、スプレーを使って、個性豊かなクッキーができあがりました。
粉だらけになりながら、とても楽しんでクッキーを型抜きしていました。



お話の時間には、牧師夫人が生い立ち紙芝居を行いました。
今年度は子供たちにスタッフ一人ひとりのクリスチャンとしての経験を順番に話すことになっています。
身近なスタッフの話から、自分も神さまについていこうと子どもたちが決心してくれることを願っています。


子どもたちは焼きあがったクッキーをいくつか持ち帰り、お母さんにプレゼントしました。
昼食の時間にもみんなでクッキーをいただきました。
形も厚さもまちまちで、見ているだけでも味わえました!